ピーリングにはまってしまう危険性

ピーリングにはまってしまう危険性

肌の古い角質を除去してくれる
ピーリング効果のある化粧品が浸透しています。

 

市販されているのは
ジェル状の化粧品を塗布した後に使うものが一般的で、
洗い流した後にはツルツルとした肌触りになります。

 

しかしこのようなピーリング化粧品の使用にはリスクもあります。

 

顔のシミにシミウスジェル

 

肌は通常28日周期で生まれ変わっています。

 

しかし加齢等によって古い角質が
表面に蓄積されるようになると肌はくすみ、
保湿液等の浸透も低下します。

 

このような場合のピーリングはとても効果的です。

 

ところがピーリングの必要がないのに
頻繁に行ってしまう人がいます。

 

ピーリングにハマってしまっているのです。

 

ジェル状のピーリング化粧品を使うと
ボロボロと垢のような物が出てきます。

 

古い角質が除去されていると実感することが出来ますし、
直後のツルツルした感触は満足度も高いものがあります。

 

そのためハマりやすいのです。

 

しかしピーリングが必要かどうかを判断するのは
経験や知識がないと難しいものです。

 

ピーリングの必要のない肌に行っても
同じ効果を得る事が出来てしまうからです。

 

実際には多くの人が必要な角質層までも
薄く削ってしまっているのです。

 

肌の状態や化粧品にもよりますが、
多くても月に1・2回が限度です。

 

毎週のように行っているとしたらそれはやり過ぎです。

 

1週間以上やらないでいると
肌がカサカサしてくると感じるならば間違いないでしょう。

 

角質層が良い状態になる前に削ってしまう事が原因で
乾燥しやすくなっていると考えられるからです。

 

ピーリングを行ってもニキビが出来たり、
乾燥や肌荒れ等を繰り返したりしている人は
回数を減らすか一時的に使用を止める事をお勧めします。

 

判断出来ない場合には専門医に相談するのが一番です。

 

肌状態を見極めて必要に応じた回数を
アドバイスしてくれるからです。

 

角質はただ除去すれば良いのではないという事を覚えておきましょう。